借金 返済 できない

借金返済できない状態になった

もう返済を続けられなくなった

 

借金を返済できない状態に、誰でも陥る可能性があります。病気、リストラ、雇い止めなどで収入が無くなったり減ったりして借金の返済ができなくなること等が主な原因です。

 

他にも、借金をはじめた当初には予想もしていなかった不測の事態が生じ、借金を返済できなくなることも…。

 

借金を返済できない状態になると、家賃や光熱費など生活費も足りなくなり状況は非常に深刻になってしまうのです。

借金返済できないとどうなるのか

返済の督促に終わりのない悩み

 

借金を返済できない場合、滞納をしてしまっている場合、どうなるのでしょうか。借入先は消費者金融や銀行など様々ですが、どの債権者も支払いが滞るとまずは電話をしてくるでしょう。

 

 

その際、支払いをいつまでにできるか、なぜ返済が遅れたのかなど聞いてきます。

 

その後、返済ができない状況が続いたり電話を無視したりするなどしていると、自宅に督促状が届き、債権者によっては一括弁済を迫られることも…。

 

 

それでも、何もできず無視をしていると、裁判手続きに発展してしまい、最悪の場合自宅や給料を差し押さえされてしまうことになるのです。

 

 

借金の督促を無視しつづけて踏み倒したという話を耳にすることもあるかと思いますが、そういったことは本当に稀で、ほとんどの場合に債権者は回収するために様々な手を打ってきますので、督促を無視しても借金から逃れることはできません。

借金の問題解決を決心したら

ようやく相談する決心がついた

 

借金生活から抜け出したいなら、まずは行動することです。このまま借金の返済ができないことに悩み、精神的に追い詰められる生活を送っていても状況は変わらないどころか、どんどん悪くなっていくだけです。

 

借金の問題を解決し、生活をたて直すことを本気で考えましょう。

 

 

借金の問題はなかなか人に相談しづらいので一人で抱えてしまっている人がほとんどです。

 

このまま一人で抱えていても状況は変わりませんので、まずは借金問題の専門家である弁護士や司法書士へ相談してみるのはどうでしょうか。

 

 

借金を整理して生活をたて直すには専門家の力を借りるのが一番の近道です。

 

自分で債権者と交渉したり、自己破産の手続きや個人再生の手続きをしたりすることは可能ですが、よっぽど法律の知識がある場合を除き、現実問題とても難しいと考えたほうがいいと思います。

 

 

ただ、弁護士や司法書士に債務整理の相談をして手続きをする場合に一番気になるのはお金のことではないでしょうか。

 

相談料や、着手金、報酬などを考えると相談をしたくても躊躇してしまうものです。

 

 

そこでお勧めなのが無料の法律相談です。無料であっても、弁護士や司法書士など専門家が相談にのってくれるため的確なアドバイスをもらえるので安心です。

 

それぞれの状況や今後の返済能力などでいくつかある債務整理の方法の中からあなたに合った債務整理の方法について相談にのってくれます。そこで、債務整理について引き続き相談すると決めたら、最初に弁護士や司法書士に支払う料金の確認をしておきましょう。

 

 

弁護士や司法書士に債務整理を依頼することが決まれば当然報酬なども発生します。ただし、支払い方法も分割に応じてくれることもありますのでその点もあわせて確認するといいでしょう。

 

借金の問題解決を決心したら行動あるのみです。まずは、勇気をだして最初の一歩をふみだしましょう。

相談して借金を整理することに

債務整理で新しい生活のスタート

 

借金を返せないことを専門家へ相談して、実際に借金を整理することになった場合、その後の手続きはどうなるのか簡単に説明します。

 

まず、債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、受任通知を債権者へむけて発送してくれます。この、受任通知が届いた債権者は取り立てや催促をすることができなくなるので、あなたのところに電話や督促状はこなくなるのです。

 

債権者が家に来ることも、裁判を起こされることもなくなり、すべての督促行為がストップすることに。この時点で、いままで感じていた精神的不安から解放され前向きな気持ちになれると思います。

 

 

ただし、催促がとまるだけで、まだ借金からは解放されたわけではありません。ここから、あなたの借金の種類や額にあった債務整理の方法で、解決に向けた手続きがスタートします。

 

債務整理といわれるものには大きくわけて3種類の手続きがあります。

 

 

一つ目が「任意整理」です。任意整理は裁判所を通さずに、弁護士や司法書士が直接債権者と今後の返済について交渉してくれます。

 

借金の種類にもよりますが、利息を払いすぎている場合は過払い金返還請求手続きもしてくれますし、債権額の減額もできる場合もあるでしょう。

 

毎月、無理なく返済できる範囲で返済額を設定し、返済をしていく手続きです。

 

 

二つ目が「個人再生」です。この手続きは、裁判所に対して借金を大幅に減額し分割弁済したい旨申し立てをする方法です。

 

書類作成は依頼した専門家がしてくれます。裁判所がこの申し立てを認めてくれると、減額された借金を3〜5年で返済していく手続きです。

 

 

三つ目が「自己破産」です。この手続きは、裁判所に対して借金を全額支払えないことを申し立てる方法です。

 

書類作成は依頼した専門家がしてくれます。裁判所がこの申し立てを認めてくれると、借金を今後支払わなくてよくなる手続きです。

 

 

ただ、人によっては借金を全額ふみ倒すことに強い抵抗感をもたれることもあるかと思います。

 

その点は依頼した専門家とよく話し合って別の債務整理の方法をとるなど納得のいくかたちを選択するのがいいでしょう。

 

まずは、無料の法律相談で最初の一歩を踏み出し、明るい未来を切りひらいてください。

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらの街角相談所。24時間いつでも受け付けていて現状を伝えれば自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。


本名ではなくニックネームでも良いので仮名と都道府県名を入力すれば借金問題を解決してくれる最適な法律事務所を全国から探してもらえます。


借金を減らす手続きをしてくれる法律事務所や司法書士事務所を比較することもできるのです。


紹介された事務所へ実際に債務整理を任せるかどうかは、話をしてあなたの疑問を解決してからにするのがベスト。納得いかないままで依頼する必要はありません。


●匿名、無料、簡単にその場でわかる ……… 街角相談所-法律-のメール診断

 

ヤミ金の被害にあっている方へ

家族や職場に取り立てをすると脅されたり、返済したはずが入金してないと難癖をつけられたりした。携帯でやり取りするだけで店舗も顔もわからない。そういう業者はきっと闇金融です。


一般的な法律事務所、司法書士事務所ではヤミ金被害に対応していない事務所がほとんどです。多くの弁護士事務所などでは借金問題の中でも闇金融に対しては敬遠し積極的に取り組んでいる弁護士は多くありません。


なぜかといえば非合法の貸金業をしている相手ですから一筋縄では行かない曲者だからです。ヤミ金業者と対決するには専門のノウハウと違法業者に負けない胆力、熱意が必要です。


そんな弁護士はたくさんはいませんし、闇金に積極的に取り組んでいる業者は経験、実績豊富な弁護士ばかりです。


ヤミ金などの被害にあわれてお困りの方は、以下のヤミ金被害救済を行っている実績豊富な事務所に依頼されるのがおすすめです。もちろんメールの無料相談ができますから、現状を伝えてみてください。


●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応 ……… Duel法律事務所ヤミ金メール相談